全国1000店舗掲載 日本唯一のスポーツバー・カフェ総合情報サイト

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

about

スポーツ観戦に特化した飲食店検索サイト

だから

確度の高い顧客を獲得!
売上UP!

  • 確度の高い顧客を獲得!売上UP!

    スポーツ観戦を目的としたユーザーが月間最大200万人当サイトへ訪れます。

  • スポーツバー以外にも、居酒屋やダイニングバーなど様々な業態の店舗様が掲載!

  • 「エリア×スポーツ」上位表示されるため、多くのユーザーに利用されています。

スポカフェはスポーツ観戦ができる店舗を掲載しているスポーツ特化の検索型ポータルサイトです。
スポーツバー・居酒屋・カラオケ・ダイニングバーなど様々な業態の全国約1000店舗に掲載していただいており、日本で唯一「スポーツ観戦ができるお店を検索するのに特化したサイト」として日本全国のスポーツファンにご利用いただいております。

こんな問題を抱えていませんか? こんな問題を抱えていませんか?

Problem 1

飲食店検索サイトに掲載
しているが「スポーツ観戦」
では検索結果にヒットしない。

Problem 2

自社ホームページで
SEO対策をしているが、上位に表示されず困っている

Problem 3

地域名+業態+スポーツ観戦
のキーワードで検索順位が
低く、お店を見つけて
もらいにくい。

スポカフェなら

スポーツ観戦関連キーワード地域名

で検索上位に表示!スポーツ観戦ができるお店としての認知度がUP で検索上位に表示!スポーツ観戦ができるお店としての認知度がUP

某有名サイトより検索結果が上に!貴店をより見つけてもらいやすくなります! 某有名サイトより検索結果が上に!貴店をより見つけてもらいやすくなります!

検索上位表示で認知度と集客がアップできるのか 検索上位表示で認知度と集客がアップできるのか

現在、スポーツ観戦ができるお店を探す人のほとんどがgoogleやyahooなどのキーワード検索を使っています。
下の図のように、「新宿 スポーツ観戦」や「渋谷 野球観戦」など「エリア×スポーツ」で検索するとスポカフェページが上位表示されます。ユーザーは上位ページから閲覧していく傾向があるため、多くのユーザーが訪れるサイトとなっています。
お店でのスポーツ観戦を目的としているユーザーが多く集まるため、スポーツ観戦ができるお店としての認知度UP&集客力UPにつながります。

新宿エリア

検索ワード google yahoo!
新宿 スポーツ観戦 1位 1位
新宿 スポーツバー 1位 1位
新宿 サッカー観戦 1位 1位
新宿 W杯観戦 1位 2位
新宿 野球観戦 1位 1位
新宿 日本シリーズ 1位 1位
新宿 ラグビー観戦 1位 1位
新宿 オリンピック観戦 1位 1位
新宿 バスケ観戦 1位 1位

渋谷エリア

検索ワード google yahoo!
渋谷 スポーツ観戦 1位 1位
渋谷 スポーツバー 2位 2位
渋谷 サッカー観戦 2位 2位
渋谷 ワールドカップ観戦 2位 2位
渋谷 野球観戦 1位 1位
渋谷 日本シリーズ 1位 1位
渋谷 ラグビー観戦 1位 1位
渋谷 オリンピック観戦 1位 1位
渋谷 バスケ観戦 1位 1位

池袋エリア

検索ワード google yahoo!
池袋 スポーツ観戦 1位 1位
池袋 スポーツバー 1位 1位
池袋 サッカー観戦 1位 1位
池袋 ワールドカップ観戦 2位 2位
池袋 野球観戦 1位 1位
池袋 日本シリーズ 1位 1位
池袋 ラグビー観戦 1位 1位
池袋 オリンピック観戦 1位 1位
池袋 バスケ観戦 1位 1位

銀座エリア

検索ワード google yahoo!
銀座 スポーツ観戦 1位 1位
銀座 スポーツバー 1位 1位
銀座 サッカー観戦 1位 1位
銀座 ワールドカップ観戦 1位 1位
銀座 野球観戦 1位 1位
銀座 日本シリーズ 1位 1位
銀座 ラグビー観戦 1位 1位
銀座 オリンピック観戦 1位 1位
銀座 バスケ観戦 1位 1位

スポカフェその他の特長 スポカフェその他の特長

充実したサポート体制 充実したサポート体制

スポーツイベント情報のご提供

スポーツイベント情報のご提供

スポーツイベント情報のご提供
メルマガ配信
注目の試合や販促アドバイスなど、店舗様向けの情報を定期配信。
年間スポーツイベントカレンダー
各スポーツイベントの日時、注目度、放送チャンネル、スポーツイベントが記載された年間試合スケジュールカレンダーの提供。
担当営業による告知
スポーツ事情に詳しい担当営業のサポート。
POPなどの販促支援

POPなどの販促支援

POPなどの販促支援
POPデータの提供
デザイナーが作成したPOPデータを提供。店舗自ら作成する手間・費用を削減でき、オンライン&オフラインの両方で集客を実現できます。
メリット
イベント毎のPOPデータが
自由にダウンロードできる!
POP作成の時間とコストを省ける!

スポーツ観戦一色でページの打ち出し スポーツ観戦一色でページの打ち出し

スポーツ観戦一色でページの打ち出し

簡単操作でスポーツ観戦に特化した自社ページが持てる!

スポーツイベント時のお店の雰囲気、放送スケジュール、応援しているチーム
などスポーツ観戦一色での打ち出しが可能です。また、管理画面は直感的に操
作することができるため更新作業も簡単にできます。

ぐるなびやHOT PEPPER、
食べログで
スポーツ観戦を
PRすればいいのでは?

決してスポーツ観戦需要が多い一般ポータルサイト内にて、スポーツ観戦PRを強めすぎると、一般のお客様を逃がすリスクがあります。ポータルサイトのユーザー属性に合わせて、店のPR要素を少しずつ調整するのが、最も良い活用方法です。

ページ上で試合スケジュールの打ち出し

ページ上で試合スケジュールの
打ち出し

店舗ページ上で、試合スケジュールの告知が可能です。リアルタイムな情報を求めているユーザーが必要としている情報を打ち出すことができます。
掲載店舗様は、スポーツ事情に詳しい担当営業と相談した上でどのイベントを打ち出すか決めていきます。

導入事例のご紹介

case1ロスカボス新宿本店様

ニッチなイベントでも
満員集客が実現できる
ようになりました。

store information

エリア
新宿
座席
60席(最大100名)
営業スタイル
スポーツ&ダーツバー
設備
モニター10台・プロジェクター2台
導入事例のご紹介

掲載前

サッカー日本代表戦やプロ野球日本シリーズでは満員集客できていたが、他のイベントでは中々満員とまではならなかった。

集客できたはずのイベントをお店で放映しないという取りこぼしがあった。

掲載後

サッカー日本代表戦や野球の注目試合はもちろん、テニスやアメフトなどのニッチなイベントでも満員集客を実現。

普段は営業時間外でお店を開けていない時間帯でもスポカフェの告知により、深夜や午前中の時間帯の試合でも満員集客することができた。

スポカフェからの定期的な情報提供により、イベントの取りこぼしがなくなった。

集客実績

売上実績1

¥175,500

65名 × 客単価2,700円 = 175,500円

2019年1月26日(土) 17:30〜

テニス全豪オープン女子決勝
大坂なおみ戦

売上実績2

¥284,750

85名 × 客単価3,350円 = 284,750円

2019年2月4日(月) 8:30〜

NFLスーパーボウル

売上実績3

¥340,000

85名 × 客単価4,000円 = 340,000円

2019年3月22日(金) 19:20〜

キリンチャレンジカップ
日本 VS コロンビア

case2バーボンストリート

元々スポーツ観戦を
行っていなかった店舗
でも集客に成功

store information

エリア
渋谷
座席
30席
営業スタイル
スポーツバー
設備
モニター6台
導入事例のご紹介

掲載前

元々スポーツ観戦はほとんど行っておらず、パーティースペースとして営業していた。

夜の早い時間帯の集客を増やしたいと考えていた。

掲載後

スポーツ観戦での反響が良く、スポーツチャンネル導入やモニター増設など
スポーツ観戦営業に力を入れる。その結果、サッカー日本代表戦だけでなく、野球や格闘技、F1など通常集客しづらいニッチなイベントでも安定的に集客できるようになった。

野球観戦を営業に取り入れることで早い時間帯の集客強化に成功。

集客実績

売上実績1

¥105,000

35名 × 客単価3,000円 = 105,000円

2019年2月1日(金) 23:00〜

アジアカップ決勝
日本 VS カタール

売上実績2

¥90,000

30名 × 客単価3,000円 = 90,000円

2019年3月29日(金) 18:00〜

プロ野球開幕戦

売上実績3

¥75,000

30名 × 客単価2,500円 = 75,000円

2019年4月14日(日) 15:10〜

F1中国GP

case1ロスカボス新宿本店様

スポーツ観戦営業で
レストラン営業以外の
爆発的な売上を達成

store information

エリア
恵比寿
座席
68席
営業スタイル
ダイニングバー
設備
プロジェクター1台、モニター付き個室
導入事例のご紹介

掲載前

元々スポーツ観戦はほとんど行っておらず、サッカーW杯の時以外はスポーツ観戦営業を行っていなかった。

スポーツイベントがある日は近隣のお店にお客さんを取られていた。

チャンネル/モニター設備を有効活用したいという考えは持っていたが、スポーツを観ることができるお店としての売り出し方が分からなかった。

掲載後

通常のレストラン営業に加え、スポーツ観戦で爆発的な売上を出すことに成功。

お店のモニター/チャンネル設備を有効活用し、売上に結びつけることに成功。

食事をしながらスポーツ観戦をしたいという顧客ニーズをうまく捉え、高い客単価を実現。

集客実績

売上実績1

¥930,000

計186名× 客単価5,000円 = 930,000円

2017年10月

プロ野球CSシリーズ&
日本シリーズ3試合

売上実績2

¥245,000

70名 × 客単価3,500円 = 245,000円

2019年2月1日(金) 23:00〜

アジアカップ決勝
日本 VS カタール

case4スポーツバー B ONE

プロ野球の特定チーム
応援店として認知度UP!
満員集客を実現。

store information

エリア
銀座
座席
80席
営業スタイル
スポーツバー
設備
プロジェクター2台、モニター3台
導入事例のご紹介

掲載前

2018年にオープンしたばかりのお店で、スポーツ観戦ができるお店としての認知度が低かったため、認知度を上げたいと考えていた。

野球の特定チームに特化して集客したいという考えがあった。

掲載後

掲載直後にプロ野球やテニス、サッカー日本代表戦などで大きい集客につながる。スポーツ観戦ができるお店としての認知度が上がり、今ではサッカー日本代表の親善試合、プロ野球、テニスなど幅広いジャンルで満員集客を実現。

特定のチームを応援しているお店としての認知度UP。リピーターが増え、プロ野球の開幕戦では満員集客。2018年のリーグ優勝決定戦、クライマックスシリーズでも連日満員になるほど大盛況。

集客実績

売上実績1

¥240,000

80名 × 客単価3,000円 = 240,000円

2018年8月21日(金) 14:00〜

夏の甲子園 決勝

売上実績2

¥320,000

80名 × 客単価4,000円 = 320,000円

2019年3月22日(金) 19:20〜

キリンチャレンジカップ
日本 VS コロンビア

売上実績3

¥320,000

80名 × 客単価4,000円 = 320,000円

2019年3月29日(金) 18:00〜

プロ野球開幕戦
11広島 VS 巨人

case5スリーモンキーズカフェ なんば店

スポカフェ告知で
放映取りこぼしを回避
安定的な集客を実現

store information

エリア
大阪・なんば
座席
100席
営業スタイル
スポーツ&ダイニングバー
設備
プロジェクター1台、モニター8台
導入事例のご紹介

掲載前

サッカー日本代表W杯関連試合では元々満員集客できていたが、他のイベントでは中々満員とまではならなかった。

集客できたはずのイベントをお店で放映しないという取りこぼしがあった。

掲載後

サッカー日本代表戦だけでなく、深夜行われるチャンピオンズリーグやプロ野球などのイベントでも集客実現。

地域に属したチームを応援できるお店としての告知を出し、地元チームの試合での満員集客を実現。サッカーや野球など安定的な集客につながる。

普段は営業時間外でお店を開けていない時間帯でもスポカフェの告知により、深夜や午前中の時間帯の試合でも満員集客する

集客実績

売上実績1

¥297,500

85名 × 客単価3,500円 = 297,500円

2017年7月29日 19:00〜

Jリーグ 大阪ダービー

売上実績2

¥340,000

85名 × 客単価4,000円 = 340,000円

2018年5月26日 27:45〜

チャンピオンズリーグ決勝

売上実績3

¥360,000

90名 × 客単価4,000円 = 360,000円

2019年2月1日(金) 23:00〜

アジアカップ決勝
日本 VS カタール

こんな店舗様におすすめ!

スポーツ観戦に力を入れている本格スポーツバー

スポーツ観戦に力を入れている本格スポーツバー

スポーツ観戦に力を入れている
本格スポーツバー

ビッグイベントだけでなく、よりニッチな試合でも集客できるようになる!

スポーツ観戦を行っているが、満員集客に至らない

スポーツ観戦を行っているが、満員集客に至らない

スポーツ観戦を行っているが、
満員集客に至らない

ビッグイベントでの満員集客実現!その他イベントでの集客も可能。

モニターはあるが、スポーツ観戦営業はあまり行っていない

モニターはあるが、スポーツ観戦営業はあまり行っていない

スポーツ観戦を行っているが、
満員集客に至らない

ビッグイベント以外でもお店が集客したい時間帯に合わせて、スポーツ観戦を行うことで顧客獲得。

モニターはないが、設置を検討している

モニターはないが、設置を検討している

モニターはないが、
設置を検討している

スポカフェを通してスポーツ観戦営業を
行っているお店としての認知度UP。

資料ダウンロードはこちら 資料ダウンロードはこちら

年間のスポーツイベント

年間を通して様々なスポーツイベントが行われているため、安定した集客に繋げることが可能です

年間のスポーツイベント 年間のスポーツイベント

その他の
イベント
  • 各スポーツの日本代表戦
  • 海外スポーツ
    (欧州サッカー・NBA・MLB・NFL・ボクシング等)
  • 臨時で決まるボクシングやラグビーなどのビッグマッチ
  • K-1、プロレスなどの格闘技イベント

収益シミュレーション

年間を通してスポーツイベントが行われるため、安定的に集客することが可能です。
サッカーW杯やプロ野球日本シリーズなどのイベントはもちろん、その他イベントでもスポットで売上を伸ばすことができます。

導入しているスポーツチャンネルの数、深夜や午前の試合など通常の営業時間以外でのスポーツ観戦営業、店舗規模次第ではさらに効果が見込めます。

スタンダードプラン
(月額¥10,000)導入の場合

ex.ー 座席数50の場合 ー

スタンダードプラン(月額¥10,000)導入の場合 スタンダードプラン(月額¥10,000)導入の場合

プランと料金のご案内

集客に大きく貢献する充実の内容

スタンダードプラン

月額10,000円〜

スタンダードプラン

プラン内容

  • トップ画像表示
  • 店舗情報掲載
  • エリア上位表示
  • 店舗トピックス表示
  • クーポン表示
  • ギャラリーページ作成
  • POP/メルマガ/カレンダー提供
スタンダードプラン

気軽に始められる

無料プラン

月額0

プラン内容

  • トップ画像表示
  • 店舗情報掲載

積極的な露出で集客に差をつける

プレミアオプション

月額

基本料金(スタンダードプラン)
+10,000

スタンダードプラン

プラン内容

  • エリア内最上位表示
  • スポーツ検索最上位表示
  • トップ画像表示 ・店舗情報掲載
  • 店舗トピックス表示
  • クーポン表示
  • ギャラリーページ作成
  • POP/メルマガ/カレンダー提供
  • おすすめ店舗表示/イベント情報表示
スタンダードプラン

別途追加オプションもございます。詳細に関しましてはお問い合わせください。
2019年10月現在の料金プランです。

掲載のお申し込みはこちら 掲載のお申し込みはこちら

広告掲載の流れ 広告掲載の流れ

広告掲載の流れ 広告掲載の流れ

よくあるご質問

Q
サッカーW杯以外でも集客することはできるのでしょうか?
A

サッカーW杯以外での集客ももちろん可能です。サッカーW杯以外にも、

  • プロ野球(クライマックスシリーズ、日本シリーズは特に)
  • W杯以外のサッカー日本代表戦
  • 日本人選手や世界的有名選手のボクシング戦
  • 人気チーム(浦和レッズ、広島東洋カープなど)の試合
  • テニス錦織圭の試合
  • 欧州サッカー主要大会(EUROやチャンピオンズリーグなど)

など年間を通して集客ができる試合が行われています。
スポカフェを通して試合イベントの告知を行っていただくことで、スポーツ観戦層の顧客獲得につながります。
詳しくは上記「収益シミュレーション」をご覧ください。

Q
どのスポーツイベントが集客できるイベントなのかがわからなくて困っています。
スポカフェを使えば、集客見込みの高い試合の情報も手に入るのでしょうか。
A

スポカフェでは、スポーツに詳しくない店舗でも簡単に集客できるサービスを提供させていただいております。
スポーツ業界に詳しいスペシャリストが隔週でメルマガ配信を行っており、注目度の高い試合を紹介をしているため、いつどの試合がどのチャンネルで放送される予定か事前に知ることができます。

メルマガで得た情報を店舗ページ内で告知するだけで集客力UPにつながります。店舗側で調べる手間をかけることなく、事前に的確な情報を得ることができ、店舗ページにもすぐに反映できるため、店舗にとって簡単に集客できる仕組みになっています。
また、店舗の実績紹介や、自店舗ページの効果的な運用方法などのノウハウ共有も行っているため、ノウハウを取り入れることでさらに集客力を向上させることができます。

Q
うちのお店はダイニングバーなのですが、スポーツ観戦に特化していないお店でも
スポーツ観戦で集客することは可能なのでしょうか。
A

ダイニングバーをはじめ、カラオケや居酒屋などスポーツバー以外の業態店舗でもスポーツ観戦で集客することは可能です。実際にスポカフェ掲載店舗では、スポーツバー以外の業態店舗でもスポーツ観戦営業を始めたことで、新しい顧客の獲得につながり、売上UPに成功した例は多数あります。

store A

エリア
浜松町・大門
座席
30席
平均客単価
4500円
業態
モニター7台・スクリーン1台
設備
モニター2台
放送環境
地上波のみ
掲載前

スポーツ観戦を打ち出しておらず、サッカーW杯の時しかスポーツ観戦ではお客さんが入らなかった。

スポーツ観戦営業には興味があったが、その打ち出し方がわからなかった。

掲載後

11月1日・11月2日(水・木) 
プロ野球日本シリーズ第4戦・第5戦  両日とも30名満席
11月10日(金)
サッカー日本代表 VS ブラジル代表  30名満席

通常のダイニングバーとしての営業に加え、
スポーツ観戦で爆発的な売上を出すことに成功。

スポーツ観戦目的で来たお客さんがスポーツ観戦以外のランチやディナーでも
リピート来店するようになった。

通常の営業に加え、スポーツ観戦を導入することによって、平日や深夜などの集客しづらい時間帯でも人を集めることが可能になり、スポーツ観戦という新しい集客の導線を作ることができるようになります。

Q
東京や大阪以外の都市にある店舗でも集客することはできるのでしょうか。
A

東京・大阪以外の地方店舗でも集客することができます。
たとえば、横浜や福岡のように、スポーツチームを有する都市にある店舗は地元チームの試合が行われる日に集客しやすくなります。
スポカフェでも、地方の人気チームが注目度の高い試合を行う時は、東京や大阪などの大都市よりもその地方のページ閲覧数の方が多いケースがあります。
プロ野球12球団、J1リーグ 57チーム(J1からJ3+U-23含む)、Bリーグ 45チーム(B1からB3まで含む)など全国各地にスポーツ球団があるため、スポーツ球団を有する地域の店舗には大いに集客チャンスがあります。

TOP