【トラック、ロード種目編】陸上種目って何種目あるの?東京2020オリンピックで陸上を10倍楽しむ基本情報を紹介!

スポカフェならスポーツバー1000件以上が検索できます!

スポーツバーで好きなチームを応援しよう!




今回ご紹介するのは、オリンピック競技の中でも非常に人気の高い「陸上」です。
陸上競技は、「トラック、フィールド、ロード」の3つの種類に分かれており、今回は短距離、中・長距離、ハードル、障害、リレーが行われる「トラック種目」とマラソン、競歩の「ロード種目」を紹介します。
過去には、2000年のシドニーオリンピックで高橋尚子選手が女子マラソンで金メダルを獲得し、前回のリオオリンピックで男子の400mリレーが銅メダルを獲得するなど、陸上は東京2020オリンピックでもメダル獲得が期待されている競技です。

 

【東京2020オリンピック競技陸上紹介】陸上って何競技行われるの?

東京2020オリンピックでの陸上では、男子と女子を別にすると合計48もの競技があり、これらの種目が「トラック、フィールド、ロード」の3つの種類に分かれています。

トラック競技は下の動画をご覧ください

 

これが東京2020オリンピックで行われる陸上競技の種目一覧です。

男子も女子も行う種目

トラック種目

・100m
・200m
・400m
・800m
・1500m
・5000m
・10000m
・110mハードル
・400mハードル
・3000m障害
・4×100mリレー
・4×400mリレー

ロード種目

・マラソン
・20km競歩

フィールド種目

・走高跳
・棒高跳
・走幅跳
・三段跳
・砲丸投
・円盤投
・ハンマー投
・やり投げ

男子のみ行う種目

・50km競歩(ロード種目)
・十種競技(陸上競技混成)

女子のみ行う種目

・七種競技(陸上競技混成)

男女混合で行う種目

4×400mリレー(トラック種目)

 

トラック種目とフィールド種目が新国立競技場であるオリンピックスタジアムで開催され、ロード系の種目(マラソン、競歩)が札幌で開催されます。

 

【東京2020オリンピック競技陸上のアクセス】新国立競技場はどこにあるの?東京2020オリンピック の陸上はいつやるの?アクセスと日程情報!

トラック、フィールド種目の実施種目・日程

東京2020オリンピックの陸上競技は7月31日から8月9日にかけてトラック種目が「オリンピックスタジアム(新国立競技場)」で、ロード種目が札幌で開催されます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yoshiki(@yoshix25)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Daisuke Naganuma(@antonio_gaudiy)がシェアした投稿

<7月31日> 
9:00-12:30
男子3000m障害予選、女子800m予選、男子400mハードル予選、女子100m予選
19:00-21:10
女子5000m予選、混合4×400mリレー予選、男子10000m決勝

<8月1日>
9:00-12:00
女子400mハードル予選、男子800m予選、女子100mハードル予選、男子100m予備予選
19:00-21:55
男子10000m表彰式、女子100m準決勝、男子100m予選、女子800m準決勝、混合4×400mリレー決勝、女子100m決勝

<8月2日>
9:10-12:00
女子3000m障害予選、男子400m予選、混合4×400mリレー表彰式
19:00-21:55
女子100m表彰式、男子100m準決勝、女子100mハードル準決勝、男子800m準決勝、男子400mハードル準決勝、男子100m決勝

<8月3日>
9:00-11:55
女子1500m予選、女子三段跳表彰式、女子200m予選、
19:00-22:00
男子100m表彰式、女子200m準決勝、女子100mハードル表彰式、男子400m準決勝、女子400mハードル準決勝、男子3000m障害決勝、女子5000m決勝

<8月4日>
9:00-12:35
女子400m予選、男子3000m障害表彰式、男子200m予選、男子400mハードル決勝、女子5000m表彰式
19:00-21:55
男子110mハードル予選、男男子400mハードル表彰式、男子5000m予選、男子200m準決勝、女子800m決勝、女子200m決勝

<8月5日>
9:00-12:25
女子800m表彰式、男子110mハードル準決勝、女子400mハードル決勝、女子400mハードル表彰式
18:30-22:00
女子1500m準決勝、女子400m準決勝、女子200m表彰式、女子3000m障害決勝、女子3000m障害表彰式、男子800m決勝、男子200m決勝

<8月6日>
9:00-15:05
男子ハンマー投表彰式、女子4×100mリレー予選、男子800m表彰式、男子200m表彰式、男子4×100mリレー予選、
16:30-18:05
男子20km競歩決勝(※会場:札幌)
19:00-21:45
女子4×400mリレー予選、男子1500m準決勝、男子110mハードル表彰式、男子400m決勝、

<8月7日>
5:30-10:00
男子50km競歩決勝(※会場:札幌)
16:30-18:15
女子20km競歩決勝(※会場:札幌)
20:00-22:55
男子4×400mリレー予選、男子5000m決勝、男子400m表彰式、女子400m決勝、女子1500m決勝、男子5000m表彰式、女子400m表彰式、女子4×100mリレー決勝、女子1500m表彰式、男子4×100mリレー決勝

<8月8日>
7:00-10:15
女子マラソン決勝(※会場:札幌)
19:00-22:20
女子4×100mリレー表彰式、男子4×100mリレー表彰式、女子10000m決勝、男子1500m決勝、女子10000m表彰式、男子1500m表彰式、女子4×400mリレー決勝、男子4×400mリレー決勝、女子4×400mリレー表彰式、男子4×400mリレー表彰式

<8月9日>
7:00-9:45
男子マラソン決勝(※会場:札幌)

場所

前述の通り、東京2020オリンピックの陸上が開催されるのは、トラック種目とフィールド種目が「オリンピックスタジアム(新国立競技場)」で、ロード種目が札幌です。

オリンピックスタジアムにはどうやって行くの?

JR総武線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」
東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」
東京メトロ副都心線「北参道駅」
東京メトロ銀座線「外苑前駅」
都営大江戸線「国立競技場駅」

の5つの駅が公式の最寄駅として設定されています。68,000名もの観客を収容できるスタジアムなだけあって、帰りの交通を考えてたくさんの最寄駅が設定されていますね。
入るゲートの入口によるかもしれませんが、「国立競技場駅」、「信濃町駅」、「千駄ヶ谷駅」がスタジアムにはより近そうです。(※特に国立競技場駅)
アクセス方法は、今後変更になる可能性もあります。日程が近づきましたら、公式サイトをご確認ください。

マラソンと競歩は札幌のどこで開催されるの?

先月マラソンと競歩のルートが発表されました。共に発着点は「札幌大通公園」で札幌市の中心を回るルートになっています。
札幌大通公園へは、地下鉄の東西線、南北線、東豊線が通っている「大通駅」が最寄駅になります。札幌の入口でもあるJR札幌駅からも徒歩11分ほどなので、ゆっくり歩いて行くのもいいかもしれません。(※札幌駅から札幌大通公園の間にもマラソンルートがあるため、歩きながら雰囲気を楽しめるかもしれません。)
詳しくはこちらをご覧ください。

 

会場までのアクセス方法は公共交通機関の利用が推奨されています。東京2020オリンピック期間中は会場付近の駐車場は使えない可能性が高いので、極力公共交通機関を利用しましょう。
どうしても車で向かいたい場合は、現在東京2020組織委員会が駐車場対策を協議しています。「事前予約システム」やラグビーW杯などでも利用された「パークアンドライド」が検討されているようです。おそらく取り合いになると思いますので、正式発表後速やかに予約などを行うようにしてください。

※パークアンドライドとは…
決められている少し離れた駐車場に車を停め、そこからシャトルバスなどで競技場へ移動する手段です。

☆参考にしたサイト
https://tokyo2020.org/jp/games/transportation/situation/

 

【東京2020オリンピックの陸上競技の見どころはどこ?】メダル獲得が期待される注目選手、種目を紹介!

去年の世界陸上で共に金メダル!競歩20kmの山西利和選と競歩50km鈴木雄介選手!

過酷な気候条件でオリンピックの競技会場の変更にも繋がったドーハでの2019年世界陸上。そこで金メダルを獲得したのが、競歩の山西選手(20km)と鈴木選手(50km)です。特に鈴木選手は50kmの世界陸上メダリストながら、20kmの世界記録も保持しており、どちらで東京2020オリンピックに参加するのかも注目を集めています。決定は来月の予定です。

競歩は、文字通り歩いて速さを競う競技なのですが、使用するシューズはランニングシューズなど、「歩いている」とは思えないスピードでトラックやロードを歩きます。そのスピードなんと時速約16km。一度見出したらその真剣な表情とスピード感に目が離せなくなること間違いありません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌻슈주는 나의 해바라기🌻(@mint_candy07)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本陸上競技連盟(JAAF)(@jaaf_official)がシェアした投稿

 

 

前回大会で銅メダル!桐生選手やサニーブラウン選手擁する男子400mリレー!

近年100mで10秒を切る世界レベルの選手が増えている陸上男子ですが、その中でも力を入れていると言われているのが男子400mリレーです。
前回も出場している桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手等に加え、日本記録の保持者であるサニーブラウン選手などの出場が期待されています。陸上連盟が、リレー出場の際の負担軽減として、個人種目の出場を制限する意向を示しており、勢揃いは難しいかもしれませんが、陸上の中でも要注目の種目と言えるでしょう。あの美しい走り方から感じる躍動感とバトンパスの美しさは必見です。
前回大会の走りが下の動画です!

 

高橋尚子さん、野口みずきさんに続くことができるか!?女子マラソンで代表内定の前田穂南選手と鈴木亜由子選手!

過去の夏季オリンピックの中でも、シドニーオリンピックの女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さんは皆さんの記憶に残っているのではないでしょうか。またその次の大会のアテネオリンピックでも野口みずき選手が金メダルを獲得するなど、女子マラソンは日本でも人気の種目の1つです。
そんな女子マラソンに今回挑むのは前田穂南選手と鈴木亜由子選手です(後1人は未定)。昨年10月にはケニアのブリジット・コスゲイ選手が2時間14分04秒と世界記録を樹立しているが、夏場の暑さをうまく生かし、日本勢のメダル獲得が期待されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本郵政株式会社(@japanposthd_official)がシェアした投稿

 

 

【最後に】

以上、今回は東京オリンピックでも花形の種目の1つである陸上を紹介しました!

もしこの記事をきっかけに陸上競技へ興味を持ったという方がいらっしゃいましたら、今春には第3次のチケット販売が開始され、チケットを購入した人が正規で売りに出すリセールも始まります。陸上競技に問わず狙ってたチケットに再チャレンジできるかも?

2020年東京オリンピックは、オリンピックを生で観戦できるまたとない機会です。夏のオリンピックは4年に一度開催されますが、生で観戦できるのは一生に一回かもしれません。

ぜひこの機会に普段観ていなかったスポーツにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

今年の夏はオリンピックでスポーツを目一杯楽しみましょう!