安倍首相、オリンピック延期容認を表明「中止は選択肢にはない」

無観客・再開試合を近場で応援するならスポカフェで検索!

スポーツバーで好きなチームを応援しよう!




安倍首相は、23日午前の参院予算委員会で新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京オリンピック・パラリンピックの延期を容認する意向を発表した。IOC=国際オリンピック委員会は、22日に東京五輪の開催延期を含めた具体的な検討を始め、4週間以内に結論を出すと発表。

発表を受けて安倍首相は「IOCの判断は、私が申し上げた『完全な形での実施』という方針に沿うものであり、仮にそれが困難な場合には、アスリートのみなさんのことを第一に考え、延期判断も行わざるをえないと考えております」と述べていた。また、「中止は選択肢にはない」とし、この点はIOCも同様の見解であるとの認識を示した。