今観たい!ウエイトリフティング。ルールは?重さは?テクニックが必要って知ってた?

スポカフェならスポーツバー1000件以上が検索できます!

スポーツバーで好きなチームを応援しよう!




重いバーベルを頭上に差し上げる瞬間、観ている側もドキドキさせられ、静止する選手のウエイトリフティングの姿は美しさそのものです。
なんともいえない緊張感と静寂の中、どんどん記録を伸ばしていく姿に、勇気と感動をもらうことができます。
選手が自己ベスト以上の記録を出した時のウエイトリフティングの選手の笑顔は観客をそれ以上に笑顔にさせます。
そんな魅力のつまったウエイトリフティング、2020年東京オリンピックに向けて見どころをご紹介いたします!

東京オリンピックから階級が変更!変わった点をチェック!

ウエイトリフティング競技、2020年東京オリンピックでは、2016年リオデジャネイロ五輪までの階級を一新しました。各階級の規定体重を上げ、選手に無理をさせまい階級区分けに変更されました。
男子は61kg級、67kg級、73kg級、81kg級、96kg級、109kg級、109kg超級、女子は最軽量が49kg級、55kg級、59kg級、64kg級、76kg級、87kg級、87kg超級と、いずれも7階級となりました。

これだけは抑えておこう!ルールやみどころは?

自分の体重の2倍以上にもなるバーベルをあげる、という一見シンプルに見えるウエイトリフティングですが、肉体的にも、精神的にも非常に過酷です。

使用するバーベルの重さは、男性20kg、女性15kgとなっており、重量プレートを両サイドから装着してバーベルの重さを変更していきます。両手でバーベルを握り、一気に頭上まで持ち上げて立ち上がる「スナッチ」。
プラットフォーム(床)からいったん鎖骨の位置までバーベルを持ち上げ(クリーン)、次の動作で頭上に差し上げる(ジャーク)「クリーン&ジャーク」。
これらをそれぞれ3回ずつ行い、それぞれの最高重量の合計を競うのがウエイトリフティング競技です。

重量が重くなってくるにつれ、蹴り上げられる高さが低くなるので蹴り上げた時にしゃがむ動作を行い、バーベルの下に入り込みます。このシンプルかつ一瞬の集中力、美しさのために選手たちは日々、鍛錬を積み重ねながら、記録を伸ばすべく努力しているのです。

また、競技の特性上、メンタルの部分を常に維持することも大事だと言われます。

オリンピック、ウエイトリフティングの会場はこちら

View this post on Instagram

.🌃 東京国際フォーラムの定番アングルはさすが沢山のカメラマンさんが撮られるだけあって上から下、奥行きまで全て見通せる素晴らしい景色でした🙌✨ #shotoniphone #shotoniphone11pro #iPhone撮影 🤳 ・ ・ ・ 📍location / 東京国際フォーラム Tokyo International Forum, Tokyo, Japan ・ ・ ・ #tokyointernationalforum #tokyo #tokyophotography #shiftcam #shiftcam_jp #iphonephotography #nightview #nightphotography #ig_nightphotography #explorejpn #raw_japan #art_of_japan #discovertokyo #iphone越しの私の世界 #カメラ好きな人と繋がりたい #絵のような写真が好き #夜景好きな人と繋がりたい #東京国際フォーラム

A post shared by EKfeeling (@ek_photofeeling) on

ウエイトリフティングの会場になる東京国際フォーラムは、パラリンピックのパワーリフティング会場でもあります。
一般的に東京国際フォーラムはミュージカルやライブコンサート、起業の展示会などに幅広く利用されているので、訪れたことのある方も多いのではないでしょうか。
全面ガラス棟のとてもきれいな建物です。JR線と隣接し、最寄駅は「有楽町駅」徒歩1分です。東京駅からも徒歩5分で到着する、利便性の良い立地です。

まとめ

View this post on Instagram

What a fight! @jin_yun.s YunSeong Jin 🇰🇷 (102kg) Clean and Jerking 216kg to win the Silver Medal 🥈 at 2019 World Championships! He had a very close attempt at 219kg for his third attempt. Personally, I think he has the most epic celebration after a successful attempt. – – – 진윤성 선수 (102kg) 216kg 용상! 합계에서는 397kg을 기록해 은매달을 받았습니다. 축하합니다! – – #ウエイトリフティング #重量挙げ #ウェイトリフティング #フィットネス #fitness #athletics #athlete #olympics #roadtotokyo #crossfit #squat #asics #olympicweightlifting #snatch #cleanandjerk #weightlifting #역도 #국가대표 #크로스핏

A post shared by We Lift Weights (@welift_weights) on

いかがでしたでしょうか。ウエイトリフティングはルールが分かりやすく、老若男女問わず誰もが楽しみやすい、親しみやすいスポーツです。
オリンピックを楽しみに、どんな選手がいるのかを調べてみても楽しそうですね!