【ルヴァンカップ編】コロナウイルスによるプロスポーツ開催情報まとめ

無観客・再開試合を近場で応援するならスポカフェで検索!

スポーツバーで好きなチームを応援しよう!




コロナウイルスが全世界で猛威を振るっていますね。世界的にも「パンデミック」に認定され、プロスポーツ界にも国内外問わず多大な影響を与えています。
この記事では、その中からJリーグYBCルヴァンカップに関する情報をまとめて紹介します。

 

【ルヴァンカップ延期について】ルヴァンカップの再開はいつまで遅れるの?無観客試合の可能性は?

2月25日にサッカーのプロリーグであるJリーグ及び、カップ戦のルヴァンカップの延期が発表されました。当初は3月18日からの再開を予定しておりましたが、更に延期期間の延長が続いております。

4月3日からの再開に向けて調整中とのことですが、正式には3月25日に発表されるとのことです。Jリーグとは別組織ながら日本サッカー協会の田嶋会長がコロナウイルスに感染したということもあり、再開については更にずれ込む可能性もありそうです。

現時点でのルヴァンカップの無観客試合や試合数削減の話は出ていませんが、もしコロナウイルスの影響で更に再開がずれ込むとなれば検討されるかもしれません。

 

【チケットを持っている人は要チェック!】チケットは返金してもらえるの?チケット払い戻し期間中に必ず手続きを!

既にチケットの販売が開始していたため、現在チケット料金の払い戻しの案内も始まっており、返金してもらうことは可能です。
払い戻し期間というものがあり、期間を過ぎてしまうと返金をしてもらうことができなくなるため、現在チケットをお持ちの方は必ず期間内に手続きをするようにしてください。

ルヴァンカップですと主にJリーグチケットやチケットぴあ、コンビニ各社などでチケットを購入されているかと思います。各クラブでチケットの払い戻しに関するアナウンスがされておりますので、購入したチケットの「ホームゲーム側(もし自分が応援しているチームがアウェイの場合は相手側)」のホームページにて、チケット払い戻しのページをご確認ください。

↓↓ここでは、浦和レッズを例にしていますが、このようにチケットの払い戻しに関するページがあるはずです。
http://www.urawa-reds.co.jp/ticket/refund.php

 

【ルヴァンカップの開催方式】コロナウイルスで開催方式に変更はあるのか?

前述の通り、村井チェアマンは現状無観客試合を想定しておりません。

しかしルヴァンカップはカップ戦のため、「予選→プレーオフ→決勝トーナメント」と開催されていきます。リーグ戦なら最初の試合をシーズンの終わりに行っても問題ありませんが、ルヴァンカップは予選を消化しないと、プレーオフ→決勝トーナメントと大会を進めることができません。
なので、スケジュールは他のスポーツと比べてもカツカツになるため、更に何らかの影響を受ける可能性があります。

決勝トーナメントにはAFCチャンピオズリーグ(アジアチャンピオンズリーグ)に出場中の3チーム(横浜Fマリノス、FC東京、ヴィッセル神戸)に加え、4グループで行われている予選とその後開催されるプレーオフを突破した5チームが出場します。決勝トーナメント出場チームを決めるプレーオフは、予選4グループの首位、2位の8クラブと3位の上位2クラブの計10クラブが2つに分かれ、ホーム&アウェイの2戦行い勝利した5チームがプレーオフ突破となります。

現段階で延期になっているルヴァンカップは第2節と第3節の2試合です。プレーオフの2試合を廃止し、予選各グループの首位の4クラブと2位の中で最も成績の良い1クラブを決勝トーナメント進出扱いにすれば、決勝トーナメントをスムーズに行うことができるため、プレーオフが廃止になる可能性はあるかもしれません。

 

【もうひとつのルヴァンカップ】ルヴァンカップはサッカーだけじゃない!選手の慣れない食レポは必見!

ルヴァンカップはもともと「ナビスコカップ」と呼ばれていたのですが、2016年にスポンサー会社である「ヤマザキナビスコ株式会社」が「ヤマザキビスケット株式会社」に社名を変えたタイミングで「ルヴァンカップ」に名称を変更しました。このルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)は今年28回目を迎える歴史ある大会で、「同一企業の協賛で最も長く開催されたプロサッカーリーグの大会」としてギネスにも認定されています。

そんなルヴァンカップですが、サッカーだけではありません。実はその裏で開催されているのが「もうひとつのルヴァンカップ」です。Jリーグの各クラブがルヴァンカップの名称にもなっているお菓子「ルヴァンプライム」を使ったレシピを考案してYouTube上で紹介する企画です。

サガン鳥栖

V・ファーレン長崎

 

ホームタウン(地元)の特産物を使ったレシピや、本格的なレシピなどJリーグの各クラブがレシピを考え選手が紹介しています。今シーズンの開催有無はわかりませんが、2018シーズンと2019シーズンに開催された際の各クラブの動画が残っています。

ぜひこの中断期間中に各クラブのレシピを参考にしながら「ルヴァンプライム」を楽しむのも良いのではないでしょうか。普段プレーしている姿しか見ない選手が慣れない食レポをしている姿も必見です。
YouTubeで「もうひとつのルヴァンカップ」で検索してみてください。

 

【最後に】

以上、今回はコロナウイルスがJリーグYBCルヴァンカップに与えている影響をまとめてみました。

サッカーを楽しむことができず残念ではありますが、この機会にJリーグ、各クラブが提供しているコンテンツで選手の素顔などを楽しんでみてはいかがでしょうか。