ナゴヤドームでビジター応援!楽天ファンがオープン戦でお邪魔してきた。

東北楽天ゴールデンイーグルスを近場で応援するならスポカフェで検索!

「ナゴヤドーム」「ビジター観戦」も検索できます!




こんにちは!
わたしは東北楽天ゴールデンイーグルスのファンのsyugetsuと言います。
2018年3月4日のオープン戦中日ドラゴンズの本拠地!ナゴヤドームへ行ってきたので私の観戦体験記を紹介していきます。
パ・リーグファンにとっては新鮮な球場です。

楽天が勝ったこともありますがナゴヤドームはやっぱりいい球場です!
わたしが買ったチケットはビジター外野席です。

お値段はなんと500円!!
これはオープン戦価格で普通は1,900円かかります。

予算

  • ビジター外野席チケット: 500円(オープン戦価格)
  • 飲み物3つ: 600円(200円×3つ)
  • お昼ごはん: 700円

合計:1,800円

ナゴヤドームへのアクセス入場するまで

金山駅から乗り換えて最寄り駅の大曽根駅へ向かいます。
ナゴヤドームには大曽根駅とナゴヤドーム前矢田駅と、二つ最寄り駅があります。

距離は大して変わりませんが、道のりが分かりやすいのはナゴヤドーム前矢田駅です。
JRを使う場合はJRだけで済む大曽根駅のほうが便利かもしれませんね。

そして歩きながらユニフォームへ着替えます。オープン戦ということで人は少ないですが、ぼちぼちと中日ファンの姿が。
アウェー観戦独特の緊張感が高まってきます。昼飯を買うために、ドーム入場前に近くにあるイオンへと向かいます。

ナゴヤドームでは選手の名前をつけたお弁当やナゴヤ飯がたくさん販売されているので食事には困りません。それでもイオンで昼食を買ったのには理由が二つあります。

一つは予算の問題。ナゴヤドームの食べ物はおしなべて高いのです。レジャーですから仕方ないのですが、1円でも抑えたい自分には辛かった。。。(泣)

もう一つがナゴヤドームの暗黙の了解です。これはあまり大きな声では言えないのですが、ナゴヤドームは昔からイオンで買った食べ物を持ち込めるということです。ただし飲み物は持ち込めませんので気をつけましょう。

ナゴヤドーム入場時に広がる壮大な光景

わたしが入場したのは13:00過ぎです。試合開始が14:00からだったので1時間前ですね。ビジターのグッズショップはスルーさせてもらいました。応援グッズは持っていなくても応援に支障はありませんが、一つでも持っておくとより熱が入ると思います。

チケットで指定された席を探し、昼食をとりながら楽天の守備練習を見ます。本当はもう少し早く行きたかったのですが遅れてしまいました。ナゴヤドームは全席指定なので焦る必要はありません。一人で観戦するには気楽ですね。
球場は試合開始
2時間前には開場しているのですが、すぐに行くとビジターチームの打撃練習を見られるのです。期待のスラッガーや外国人打者がポンポンスタンドインさせるさまは壮観ですよ!

ただそうでなくとも入場し、観客席へ入るときのドキドキ感はぜひ味わってもらいたいですね。

どこの球場でも素晴らしいですが、ナゴヤドームもいいものです。一瞬暗く狭い通路を通った後に広がる開放感。ライトアップされた芝、広大な空間はまさに非日常的な経験になるのではないかと思います。

ビジター外野席の楽しみ方

さてビジター外野席の醍醐味と言えばなんといっても応援です。応援団やアツいファンが近くにいて、スタメン発表のときから応援歌を歌います。ナゴヤドームはバックスクリーンを一新し、とても表示がクリアに見られるようになりました。

応援団のスペースに行けば応援歌の掲載されたカードをもらえますが、もし特にビジター外野席で応援したいと考えていたら行く前に動画サイトなどで応援歌やチャンステーマを予習しておくことをオススメします。実際わたしも歌詞が出てこない、リズムが分からないということがありました。

試合が始まると外野応援席は大忙しです。攻撃中は選手の応援歌を大きな声で歌います。特にわたしが行った試合は1回から楽天打線がよく打ってくれたのでなかなか休めませんでした。嬉しい悲鳴ですね。

先程も書きましたがナゴヤドームでは飲み物は持ち込めません。ビジター外野席で喉が渇いたときは守備のときに売り子さんや、裏の売店で飲み物を買います。あらゆる用事を贔屓チームの守備時間中にしないといけませんし、のんびり見られませんし、もし初めて野球観戦をしようと思うなら、ビジター外野席はあまり勧められません。

試合は先発松坂で始まり乱打戦の様相を呈しましたが無事に楽天が勝利しました。得点が入ったときや勝利したときに周りの人と一緒に喜べるのはビジター外野席の楽しみの一つです。

観戦後は疲れてしまって1人で帰宅。勝った帰りの大曽根駅までの道のりもオツなものです。

おわりに

二次会まで大声を出してしばらく声を出すのが大変でした。

ナゴヤドームはアウェーでも1人で気楽に観戦できる球場です。また中日ドラゴンズはイベントにとても力を入れているのでぜひ一度足を運んでみてください。アウェーで勝ったときは最高ですよ!