金メダル期待大のバドミントン!今すぐ楽しめる競技や選手の情報を紹介!

スポカフェならスポーツバー1000件以上が検索できます!

スポーツバーで好きなチームを応援しよう!




2020年を迎え、東京2020オリンピックもすぐそこに近づいてまいりました!
今回ご紹介するのは、金メダルの期待大の「バドミントン」です。
この記事を読んでバドミントンの基本情報をマスターしちゃいましょう!

 

【東京2020オリンピック競技バドミントン紹介】バドミントンの歴史やオリンピックに向けてバドミントンの知っておくべきルールは!?

バドミントンの紹介

まずはこちらをご覧ください。

バドミントンは、イギリス発祥のバドルドーアンドシャトルコックという羽根突き遊びに様々なルールが付け足され競技化されたものです。1992年のバルセロナオリンピックより正式競技となっています。
東京2020オリンピックでは、男子シングルス・ダブルス、女子シングルス・ダブルス、混合ダブルスの5種目が開催され、日本人選手では、現在世界ランキング1位の「桃田賢斗選手」が世界を代表する選手として金メダル獲得が期待されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YumnaZ(@yumna0901)がシェアした投稿 – 2019年12月月31日午前11時24分PST

 

バドミントンのルール

①21点先取のゲームを3ゲーム行う。ゲームは2ゲーム先取。

バドミントンは3ゲームを行います。それぞれのゲームが21点先取で、先に21点獲得した選手がそのゲームの勝利となります。2ゲームを先に獲得した選手がその試合の勝利となる。
※先に2ゲーム中2ゲームを片方の選手が獲得した場合は、3ゲーム目は行われない。

②ゲーム内で20-20になった場合は、先に2点差とした選手の勝利。

ゲーム内で20対20となった場合(20点オールと言う)は先にどちらかが2点差を付けるまで試合を行う(22対20、25対23など)。ただし、29対29となった場合は先に30点目を得点した選手の勝利とする。

③反則は相手の得点になる。

1)サービス(始める時)の時には、腰より低い位置からシャトル(羽)を打たなければならない。
2)打つ位置がネットを超えてはならない
3)シャトルが体に触れてはいけない。

 

【東京2020オリンピックのバドミントンの会場アクセスと競技日程】

東京2020オリンピックにおけるバドミントンはいつ開催されるの?

東京2020オリンピックでは、バドミントンは7月25日から8月3日の期間に「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で開催されます。

<7月25日>
9:00-14:30、18:00-22:00
男子シングルス予選ラウンド、女子シングルス予選ラウンド、男子ダブルス予選ラウンド、女子ダブルス予選ラウンド、混合ダブルス予選ラウンド

<7月26日>
10:00-15:30、18:00-21:30
男子シングルス予選ラウンド、女子シングルス予選ラウンド、男子ダブルス予選ラウンド、女子ダブルス予選ラウンド、混合ダブルス予選ラウンド

<7月27日>
10:00-15:30、18:00-21:30
男子シングルス予選ラウンド、女子シングルス予選ラウンド、男子ダブルス予選ラウンド、女子ダブルス予選ラウンド、混合ダブルス予選ラウンド

<7月28日>
10:00-15:30、18:00-21:30
男子シングルス予選ラウンド、女子シングルス予選ラウンド、男子ダブルス予選ラウンド、女子ダブルス予選ラウンド、混合ダブルス予選ラウンド

<7月29日>
9:00-14:30
男子シングルス予選ラウンド、女子シングルス予選ラウンド、混合ダブルス準々決勝
18:00-21:30
男子シングルス予選ラウンド

<7月30日>
9:00-15:30
混合ダブルス準決勝、男子ダブルス準々決勝、女子シングルス1回線
17:00-22:00
男子シングルス1回線、女子ダブルス準々決勝

<7月31日>
9:00-12:30
女子シングルス準々決勝、混合ダブルス3位決定戦
15:30-21:30
混合ダブルス決勝戦・表彰式、女子シングルス準々決勝、男子ダブルス準決勝

<8月1日>
9:00-16:00
男子シングルス準々決勝、女子ダブルス準決勝
18:00-23:00
女子シングルス準決勝、男子ダブルス3位決定戦、男子ダブルス決勝戦・表彰式

<8月2日>
13:00-16:00
男子シングルス準決勝
20:30-23:00
女子シングルス3位決定戦、女子シングルス決勝戦・表彰式

<8月3日>
13:00-15:30
女子ダブルス3位決定戦、女子ダブルス決勝戦・表彰式
20:00-23:00
男子シングルス3位決定戦、男子シングルス決勝戦・表彰式

東京2020オリンピックのバドミントン会場はどこ?どうやって行くの?

東京2020オリンピックのバドミントンの会場は「武蔵野の森総合スポーツプラザ」です。JリーグのFC東京がホームスタジアムとして使用している東京スタジアム(別名:味の素スタジアム)の隣に新しく整備された10000人以上収容可能な多目的施設です。バドミントンでは最大7200名もの観客が収容される予定です。

 

周りには様々なバス停がありますが、公式の最寄り駅として設定されているのは、新宿と八王子を結んでいる京王線の「飛田給駅」です。駅から会場までは徒歩約5分とされていますが、当日は混雑も予想されるので、余裕を持った時間を想定するようにしてください。また、最寄り駅の設定は変更になる可能性もありますので、当日が近づいてきましたら、公式サイトを確認するようにしてください。

会場までのアクセス方法は公共交通機関の利用が推奨されています。東京2020オリンピック期間中は会場付近の駐車場は使えない可能性が高いので、極力公共交通機関を利用しましょう。
どうしても車で向かいたい場合は、現在東京2020組織委員会が駐車場対策を協議しています。「事前予約システム」やラグビーW杯などでも利用された「パークアンドライド」が検討されているようです。おそらく取り合いになると思いますので、正式発表後速やかに予約などを行うようにしてください。

※パークアンドライドとは…
決められている少し離れた駐車場に車を停め、そこからシャトルバスなどで競技場へ移動する手段です。

 

【東京2020オリンピックのバドミントンの見どころはどこ?】「日本で1番メダルが近い選手」と言われている桃田賢斗選手は要チェック!

前述の通り、バドミントン最大の見どころは、現在世界ランキング1位の桃田賢斗選手の活躍でしょう。2019年は史上最多の年間11勝を挙げるなど、現在敵なしと東京2020オリンピックでもメダルの最有力とされている選手です。

桃田選手は、同じようなフォームで様々なショットを打つことができ、相手に行動が読まれにくいのが強さの秘訣と言われています。

また、桃田選手は前回のリオオリンピックも当時世界ランキング2位とメダルを期待されていましたが、直前に違法賭博に手を出したことが発覚したことで無期限大会出場停止の処分を受けてしまい、出場を逃してしまいました。
しかしその間しっかり反省をし、またフィジカルを鍛え豊富な運動量を手にしたことで、復帰後世界ランキング1位に辿り着くまでに至りました。
違法賭博に手を出した過去を変えることはできませんが、そこから世界トップ選手に返り咲くのは本当に凄いことですよね。
念願のオリンピック出場ということで、大活躍を期待せざるを得ません。

また、女子でも山口茜選手は世界ランキング3位の実力者です。一昨年には世界ランキング1位も獲得しており、これは当時男女通じて日本人選手として初めての快挙でした。男女ダブルで金メダルも期待できそうですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山口茜 | Akane Yamaguchi Fanbase(@akaneyamaguchifans)がシェアした投稿 – 2019年 4月月28日午前3時19分PDT

 

【最後に】

以上、今回は東京オリンピックでも金メダルの獲得が1番期待されているバドミントンを紹介しました!

もしこの記事をきっかけにバドミントンへ興味を持ったという方がいらっしゃいましたら、今春には第3次のチケット販売が開始され、チケットを購入した人が正規で売りに出すリセールも始まります。バドミントンに問わず狙ってたチケットに再チャレンジできるかも?

2020年東京オリンピックは、オリンピックを生で観戦できるまたとない機会です。夏のオリンピックは4年に一度開催されますが、生で観戦できるのは一生に1回かもしれません。

ぜひこの機会に普段観ていなかったスポーツにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

今年の夏はオリンピックでスポーツを目一杯楽しみましょう!