東京2020オリンピックでホッケーを応援!ルールや小ネタを知って10倍楽しもう!

スポカフェならスポーツバー1000件以上が検索できます!

スポーツバーで好きなチームを応援しよう!




今回ご紹介するのは、ボールを扱うスティック使いやゴール前の狭い範囲での激しいせめぎ合いが特徴の「ホッケー」です。
男子は野球と同様「サムライジャパン」、女子は「さくらジャパン」として親しまれています。
世界ランキングでは、男子が「15位」、女子が「13位」と強豪国というわけではないのですが、一昨年のアジア大会では男女共に優勝を果たすなど、現在勢いのある競技です。

 

【東京2020オリンピック競技のハンドボールはどんな競技?】ホッケーの紹介、ホッケーのルールは?ホッケーの見所は?

ホッケーの紹介

まずはこちらをご覧ください。

ホッケーは、19世紀半ばにイギリスのクリケット選手が冬の寒い時期に行うようになったのが始まりとされています。それが周辺の国や植民地であったインドやイギリス、アフリカ諸国などに広まったことで世界に広がっていきました。
オリンピックでは、1908年ロンドンオリンピックに正式に採用されています。過去のオリンピックではインドが最も金メダルを獲得しています。
日本は、男子が1932年のロサンゼルスオリンピックで銀メダルを獲得しているのが唯一のメダルで、男子の出場自体は50年振り、女子は5大会連続のオリンピック出場になります。

ホッケーのルール

ホッケーは何人で行うの?

ホッケーは1チーム11名(内キーパーが1名)で、2チームが相手チームのゴールへ点を入れ合う競技です。ゴールキーパー以外は手足でボールに触ることができず、選手が持っている約90cmの棒状のスティックのみでボールをコントロールしなければなりません。

試合時間は?どうやって勝敗を決めるの?

試合時間は1クォーター15分の4クォーター計60分で行われます。時間内に多く得点が多いチームが勝利で、もし同点の場合はゴールキーパーと1人の選手が8秒間で1対1を行うシュートアウト戦により勝負を決めます。

ホッケーの選手交代

ホッケーはサッカーと違い何度でも選手交代をすることができます。また、バスケットボールやバレーボールと同様に一度ベンチに下がった選手もフィールドに戻ることが可能です。なので、ホッケーは試合の流れを読みながら様々な交代が行われ、試合の行方に大きな影響を与えます。

ホッケーの魅力

ホッケーの魅力は、まるで足でボールを蹴っているかのようにボールを扱うスティック捌きとゴール前の激しいせめぎ合いでしょう。選手はスティックを使ってパスやドリブルを駆使し、ボールを運ばなければいけません。スティックを使うということで少々の誤差があるのではないかと思うのですが、選手はまるでスティックが体の一部かのようにボールを自由自在に操り前へ自ら運んでいきます。わざと浮かしたり、細かなターンをしてみたりとそのプレーはサッカーを観ているかのようです。

また、一番の見所はゴール前の激しい攻防です。ホッケーはシューティングサークルというゴール前のエリア内から打ったシュートでないとゴールに入っても得点になりません。なので、シューティングサークルという狭いエリアの中でシュートを打とうとする攻撃チームとシュートを打たせまいとする守備チームの激しいせめぎ合いが繰り広げられるのです。スティックワークの技術による個人での突破や組織で崩すチームプレーはホッケーの醍醐味です。

 

【東京2020オリンピックのホッケーの会場アクセスと競技日程】

東京2020オリンピックにおけるホッケーはいつ開催されるの?

東京2020オリンピックでは、ハンドボールは7月25日から8月9日まで大井ホッケー競技場のノースピッチとサウスピッチで開催されます。今回ホッケーは下記の国々が参加します。

男子

日本、アルゼンチン、南アフリカ、ベルギー、オーストラリア、オランダ、スペイン、カナダ、インド、ニュージーランド、イギリス、ドイツ

女子

日本、アルゼンチン、南アフリカ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、スペイン、中国、インド、イギリス、ドイツ、アイルランド

どの日にちにどの試合が開催されるかは下記のリンクを参照ください。

<7月25日>
予選ラウンドhttps://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200725_HOC.html

<7月26日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200726_HOC.html

<7月27日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200727_HOC.html

<7月28日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200728_HOC.html

<7月29日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200729_HOC.html

<7月30日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200730_HOC.html

<7月31日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200731_HOC.html

<8月1日>
予選ラウンド
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200801_HOC.html

<8月2日>
男子準々決勝
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200802_HOC.html

<8月3日>
女子準々決勝
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200803_HOC.html

<8月4日>
男子準決勝
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200804_HOC.html

<8月5日>
女子準決勝
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200805_HOC.html

<8月6日>
男子3位決定戦、決勝戦
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200806_HOC.html

<8月7日>
女子3位決定戦、決勝戦
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/20200807_HOC.html

東京2020オリンピックのホッケーの会場はどこ?どうやって行くの?

東京2020オリンピックのホッケーは、収容人数が15,000名の「大井ホッケー競技場」で開催されます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Unique Ota(@unique_ota)がシェアした投稿

 

アクセスとしては、東京モノレール「大井競馬場前駅」、京浜急行「立会川駅」が最寄駅として設定されています。通常は大井競馬場前駅から約8分とされていますが、オリンピック期間なのでもう少し時間はかかるでしょう。

足に不自由がある方向けなどのアクセシブルルートは、「大井競馬場前駅」が想定されています。

最寄駅やアクセス情報などは、随時変更される可能性がありますので、試合日が近づきましたら改めて公式サイトをご確認ください。

会場までのアクセス方法は公共交通機関の利用が推奨されています。東京2020オリンピック期間中は会場付近の駐車場は使えない可能性が高いので、極力公共交通機関を利用しましょう。
どうしても車で向かいたい場合は、現在東京2020組織委員会が駐車場対策を協議しています。「事前予約システム」やラグビーワールドカップなどでも利用された「パークアンドライド」が検討されているようです。おそらく取り合いになると思いますので、正式発表後速やかに予約などを行うようにしてください。

※パークアンドライドとは…
決められている少し離れた駐車場に車を停め、そこからシャトルバスなどで競技場へ移動する手段です。

☆参考にしたサイト
https://tokyo2020.org/jp/games/transportation/situation/

 

【東京2020オリンピックのホッケーの見所はどこ?】メディア露出の大チャンス!実力を認められ開催国枠を掴んだホッケー日本代表の注目選手を紹介!

オリンピックのホッケーは、開催国だから無条件で出場できるわけではありません。アテネオリンピックではギリシャ代表が出場できなかったですし、リオオリンピック では、女子ブラジル代表がオリンピック出場を逃しました。
そんな中、今回日本代表は男女共に「オリンピックに出場するレベルにある」と認められ、開催国として出場することができます。

男子の注目選手は日本リーグ2年連続MVP受賞の田中世蓮選手!

 男子の要注目選手は田中世蓮選手です。日本リーグで2年連続MVPを獲得している攻守の要で、走力を武器に代表の中心選手として2018年のアジアカップ優勝へも貢献しました。
昨年10月には国際試合出場数100試合を達成しており、オリンピックでも自慢の走力でチャンスとピンチの両方に顔を出し、チームを引っ張ることが期待されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masaki Ohashi(@masaking_kevin)がシェアした投稿 – 2019年10月月10日午前1時44分PDT

 

女子の注目選手は昨シーズン日本リーグMVPの永井葉月選手!

ホッケー元日本代表選手の両親の元に生まれるサラブレッドで、姉もホッケー代表であるホッケー一家の永井葉月選手。FWであり点を取る姉の永井友里選手に対して、永井葉月選手は試合を支配する司令塔です。昨年姉は得点王、永井葉月選手は日本リーグのMVPを受賞しました。
強豪国と対戦する上でゲームを支配する永井選手の活躍は欠かせません。2人共リオオリンピックでは悔しい思いをしており、東京2020オリンピックでの雪辱に燃えています。

優勝争いの行方は?近年のヨーロッパ勢の勢いを抑え、世界ランキング1位のオーストラリアは金メダルを獲得することができるのか!?

現在男子は世界ランキング1位で女子は世界ランキング2位のホッケー大国であるオーストラリアですが、男子は2004年のアテネオリンピック、女子は2000年のシドニーオリンピック以降金メダルから遠ざかっています。
近年はライバルのヨーロッパ勢や新興のアルゼンチンに金メダルを奪われており、東京2020オリンピックでは金メダル奪還に燃えるオーストラリア代表は要注目の国です。

 

 

【最後に】

以上、今回は東京オリンピックのホッケーに関して紹介しました!

もしこの記事をきっかけにホッケーへ興味を持ったという方がいらっしゃいましたら、今春には第3次のチケット販売が開始され、チケットを購入した人が正規で売りに出すリセールも始まります。ホッケーに問わず狙ってたチケットに再チャレンジできるかも?

2020年東京オリンピックは、オリンピックを生で観戦できるまたとない機会です。夏のオリンピックは4年に一度開催されますが、生で観戦できるのは一生に1回かもしれません。

ぜひこの機会に普段観ていなかったスポーツにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

今年の夏はオリンピックでスポーツを目一杯楽しみましょう!